銀行でキャッシングする時の審査にパスする条件

銀行は銀行法によって管理されているので、消費者金融とは違って総量規制の対象とはなりません。
その為、年収の3分の1よりも借入額が多くなる事は、法律上は可能です。
ただ、消費者金融よりも審査基準が厳し目になっているので、融資してもらいたいと思っている人は自分がその条件に合っているかを良く調べてから申し込むようにしましょう。
まず、キャッシングをする時は審査を受ける必要が有りますが、その時の条件として安定した収入があるかどうか、これが重要です。
とは言っても、少額でもOKかと言ったら決してそうではありません。
どこで借りるかによっても違いますが、年収120万円以上という感じで決められている事もあるので注意が必要です。
もう一つは、勤続年数です。
どれだけの期間仕事をしているのかによって審査が通るかどうかが決まる事もあります。
最低限1年以上とか決められているので、それを満たしていない人は審査にパスできないので別の所を探すしかありません。
このように、銀行系のキャッシングは他に比べるとどうしても条件が厳しめに設定されています。
また審査も即日ではなく、時間が掛かってしまう事も少なくありません。
ただ上限額などは他に比べると高く設定できる事もあります。
金利も消費者金融に比べると安く設定されているので、借入額によってはかなりお得にお金を借りる事も可能です。
メリット・デメリット両方があるので、利用する時はこれらを良く理解してから申込みましょう。